森部昌広

少年野球のピッチャーは股関節の力が必須

3ケ月の練習で速球が10q/Hも伸びる練習方法が公開中

このピッチャーの練習方法は才能やセンスに関係なくピッチャーに必要な全てを
強化&改善出来る
のです。
その結果、球速を140km/hレベルにまで引き上げることが可能です






3ケ月の練習で速球が10qも伸びる練習方法は
プロフェッショナル・コンディショニングコーチの森部昌広さんが
怪我をしない投手になるために作り上げたマニュアルです。

森部昌広さんは現在ラジオでも活躍中ですが、プロ野球選手やオリンピック選手など有名な選手の指導をしておられる方です。

最も注目は、福岡ソフトバンクホークスの高橋秀聡投手の指導です。
>>指導後の実績を見る




森部昌広さんのピッチングスピードアッププログラムでは効果的な3つのトレーニングを中心に行います。
簡単な方法ですが一般では指導されていない方法で、飛躍的に効果がでるトレーニングだと実証済みです。


また森部昌広さんは体に負担がかかりダメージが残るようなトレーニングではなく
体を壊さず飛躍的に効果が出せるトレーニングを紹介しています。
短期間での速球アップとピッチャーに理想的な体となることが期待できます。

脊柱(せきちゅう)の動き・肩甲骨(けんこうこつ)の動き・体幹部を強化するトレーニング・股関節(こかんせつ)の動きなど中心に改善していきます。


特に股関節の動きは、ストライドを自然に、そして柔軟に広げることができるようになるので手元で球がグッと伸びるような感じになります。



ピッチングの体重移動が上手に行うことが出来、自然とスピードもアップし、
野球肩や野球肘にもなりにくい体へとなります。






森部昌広さんのピッチングスピードアッププログラムを一部紹介

最低でも速球が10q/hアップする
理想的なピッチングフォームが身に着く
体がよくしなり、柔軟性もでる
足が速くなる
腕力が強くなる
リーチが長くなる
怪我をしない体に変わる
ピッチングの体重移動がスムーズに出来る




SSLとは
Ads by Sitemix