久保田スラッガー 湯もみ

久保田スラッガー湯もみ型付け

久保田スラッガーは特殊な革を使用しているので、湯もみ型付けが適しているのです。湯もみは単にグローブを柔らかくするだけ物ではなく、使いやすく手のひらに近付ける作業なのだといいます。その道のプロにしか出来ない熟練の仕事が必要になります。
多くのプロ野球選手が認めているグローブですから、使い心地はかなりいいのでしょうね。

 

湯もみ型付けは、久保田運動具店の江頭重利さんが日本で最初におこなったといいます。江頭重利さんは久保田運動具店福岡支店の支店長として多くの野球選手のグローブの型付けをされてきました。「素手の感覚で扱えるグラブが理想」という江頭さんの湯もみ型付けは今では多くのスポーツ店の方が行われています。江頭さんも若手の育成にも積極的だといいます。ですがやはり江頭さんの型付けは特別だといいますね。

 

 

湯もみ型付けが出来るネットショップ
野球用品 ベースボールパーク

 

 


「VPSサーバー」を借りてみよう!
Ads by Sitemix